「幼稚園に行きたくない」への対処

保育園、幼稚園に通うようになり、子どもが行きたがらないと困ります。
叱って行かせたくはないけれど、時間も決まっていると親も焦ります。
頭を悩ませる朝の登園しぶりについて、観察のポイントと対処法についてご紹介します。

まずは原因を探る

子どもが発信することには全て意味があります。
行きたがらないとしたら、何かしらの理由があるものです。まずは、原因の特定をしましょう。
お友達に意地悪をされた、給食が苦手、行事に対しての緊張感等、理由は様々です。
言葉での表現が未熟な年齢の場合は、担任の先生に話をして原因を探るのも良いでしょう。
きちんと話ができるなら、何か嫌なことがあるか、心配や不安な気持ちを丁寧に聞き取ります。
質問しても答えない場合には、ママが心配していること、手伝えることがあったら言ってほしいことを伝えるようにするのがオススメです。 聞くときにも、尋問にならないように注意しましょう。

解決に向けて相談する

原因が特定できたら、次はそれを解決しなければなりません。
例えばお友達に意地悪をされ、やめてと伝えたのにも関わらず、やめてもらえなかったとしましょう。
この場合、「やめて」と自分で伝えられたことは頑張ったことですので、しっかりとほめます。
その上で、自分で伝えても伝わらなかったら、大人の手を借りる時と言うことを伝えます。
自分で先生に言えるなら、なるべく自分で言うように励ましてあげましょう。
そして、自分で言いにくいという場合は、親から先生に伝えるようにします。
どこまで親が手を出すかは悩むところです。年齢と共に自分で言う力を育めるよう、親がサポートする割合を決めていくと良いでしょう。

アフターケアもきちんとしてあげる

原因も特定できたし、解決方法も見つかった。
それじゃあスッキリ行けるか、というと、子どもの心はそんなに簡単には行きません。
解決したとしても、心配や不安はつきものです。その気持ちが膨らみ過ぎて、ママと離れたくなくなることもあります。
グズグズするのは気持ちを整えている証拠。不安な気持ちと、やってみようという気持ち、両方の間でせめぎ合っています。
まずは子どもの気持ちをきちんと受け止めてあげることが一番です。親が味方だと、子どもも安心します。
その上で、「泣きながら行くことも、楽しい気持ちで行くこともできる。
選ぶのはあなた。親は応援する人。」というメッセージを伝えてあげましょう。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む