対面キッチンの魅力

キッチンプランで人気なのが対面キッチン。
ここでは、知っておきたいメリットとデメリット、あると便利な設備機器や建材をご紹介します。

メリット

一般的に言われる、対面キッチンのメリットは、家族から孤立せずコミュニケーションがとりやすいこと。
調理をしながらでも、リビングやダイニングにいる子供の様子が分かる、ということは子育て世代には大きな魅力です。
また、お客様がいらしても、会話をしながらお茶の用意ができるでしょう。 対面型の場合、作業の様子が分かるので、配膳や片付けなど家族みんなが協力しやすいとも言われています。
ホームパーティなどでは、親しい友人であれば一緒に準備もできる、ということも。
カウンターを設けたタイプであれば、配膳や片付けの際に一時的に置くことができるので、使い勝手もいいでしょう。
他にも、リビングのテレビや窓からの眺めを楽しめるのもメリットです。
ニュースや天気予報をチェックしつつ、朝食やお弁当の用意をすることも可能でしょう。
また、ダイニングやリビングを向いているので開放的な気分になれる、リビングの窓から屋外の景色を楽しむことができる、というのも魅力の一つです。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、ダイニングやリビングに調理の匂いが広がってしまいがちなこと。
また、調理や片付けの音が大きく、会話ができない、テレビの音が聞こえない、というケースもあります。
また、ダイニングとの間に仕切りをつけるために、どうしても全体の空間が狭くなります。
ある程度の広さを確保できる場合でないと、全体が狭い印象になってしまうこともあります。

自分に合わせて

対面キッチンの場合、配膳や片付けなどに便利なカウンターを設けるプランも人気ですが、目的に合わせて選ぶことが大切です。
お皿などを仮置きできる幅のカウンターが欲しいのか、簡単な食事ができるカウンターとするのか、ポットやトースターなどの家電を置くスペースも必要な のかなど、わが家のライフスタイルにあわせて検討するようにしましょう。
キッチン作業をしながら子供の宿題をみてあげることができるようなデスクカウンターを設けるプランやダイニ ング側から食事の準備ができる収納棚などを設けたプランも注目されています。
人気の対面キッチンですが、ライフスタイルや家族構成に合わなければ、使い勝手の悪いものとなってしまうこともあるものです。
メリット・デメリットを理解した上で、優先順位を明確にしておくことが大切です。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む