実は重要!雨樋

雨樋とは、屋根面を流れていく雨水を集めて、下水や地上へ誘導する設備のことです。
普段はあまり気にすることがない箇所かもしれませんが 、実は住宅全体を守るための、大切なものなのです。

実は重要!雨樋

物件選びの際には、屋根材や外壁材は慎重に見ても、雨どいに関しては、あまりこだわらないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、雨どいが十分に機能しなければ、住まいの寿命に影響が出るケースもあるのです。
プランニングには専門的な知識も必要なので、実際には、設計担当者の提案に沿って、検討し確認して建てられているので通常は問題はないはずですが、 意識を持っておくことは住まい手として大切な心構えといえるでしょう。
しっかり流れるように設置されることで、軒先や軒裏に雨水がまわり、外壁が汚れるだけでなく、建物の劣化や腐食を早める原因を防ぐこともできます。
すぐつまるようですと、雨だれによって庭木などを傷めるケースもあるかもしれません。
雨の多い日本の建物にとって、雨水をしっかりと流すことは、とても大切な機能なのです。

デザインやカラーもいろいろ

形は、半円形もしくは角型などがあり、シャープなデザインのものや和の雰囲気に合うものなど豊富に揃っています。
最近の傾向としては、すっきりと屋根や軒先に馴染むような角型のデザインが多くみられ、屋根と一体化したようなタイプも。
軒の出のない外観 デザインにも対応できるような商品もみられます。
また、軒樋の接合部を目立たせない工夫をこらしたものや固定する吊り金具が見えないタイプ、雨だれを最小限に抑えるような形としたものなどもあります。
色は、黒やグレー、白や茶、ベージュ系など、建物に合わせやすいようなカラーバリエーションが中心。
屋根材やサッシと色味を合わせたり、異なる色でポイントとするなど、外観デザインのアクセントにしている建物も出てきました。
他の家とはちょっと違うこだわりとして雨樋を見るのも良いかもしれませんね。

手入れやチェックはきちんと

雨どいの破損や割れをそのままにすると、雨漏りの要因となり、建物全体の寿命に影響してくる場合もあります。
屋根材や外壁材と同様に、日頃からチェックをしておくこと。特に梅雨前や落葉時、台風の季節などには、確認しておくようにしましょう。
落葉やゴミがたまっていないか、継目がずれたり、破損やゆがみがないか、受金具が固定されているか、落葉や砂などが詰まっていないかなど。
降雨時には、スムーズに流れているか、あふれているところがないかなどもチェックしておきたいポイントです。
建物の中でも比較的地味な存在の雨樋ですが、実は重要な役割を担っているばかりでなく、建物のアクセントにもなりうる存在とすれば、いずれリフォ ームする際に違う色にするといった楽しみ方もできるかもしれません。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む