誰でも簡単に棚が作れる?ディアウォールを使ってみよう。

自分の家を持つと、DIYや日曜大工にこだわってみたいと思う人も多いのではないでしょうか?
また賃貸物件に住んでいても、部屋を傷つけない範囲で、自分でハンドメイドの収納や小物を作る人もいます。
最近では100均一リメイクに代表されるように、女性でもDIYを楽しむ人が増えてきました。
そこで普通に作ったら非常に手間が掛かる本棚を簡単に造れる「ディアウォール」を使ったDIYをご紹介します。

ディアウォールって一体何?

ディアウォールとは2×4サイズの木材専用のスペーサーになっています。
木材の両端にディアウォールをはめ込むと、内蔵されたサスペンション機能によって、木材を天井と床の間にピッタリとはめ込むことができます。
サスペンション機能によって、天井と床に対してフィットするので、少し推されただけでは簡単に動かず、衝撃にも大変強い頑丈さを誇っています。
最大の特徴は、釘などを使わずに木材を固定できるので、工具の扱いが苦手な人でも簡単に本棚を作れますし、賃貸物件でもDIYを楽しめるのです。

ディアウォールを使った本棚の作り方

ではディアウォールを使って本棚を作ってみましょう。まずホームセンターなど2×4規格の木材を4本買ってきます。
それぞれ本棚の柱になります。 さらに棚板と棚板を固定する金具を飼ってきましょう。
4本の柱の両端にディアウォールを付けて、本棚を設置したい場所に設置します。
柱が真っ直ぐ立つように、曲がってないか気をつけてください。
そして柱の位置が決まったら、棚板を受ける金具をそれぞれの柱に設置していきます。
これも高さが水平にならないと、棚板が斜めになってしまうので、きちんと金具を同じ高さにドライバーと釘を木彩にねじり込んで固定します。
ここまでできたら本棚は完成したも同然です。後は棚板を金具の上に載せるだけ。
固定したければここで釘をドライバーで締めても良いですし、あえて固定しないという手もあります。
固定しなければ、金具の高さを買えるだけで本棚をフレキシブルに使えるというメリットもあります。
普通に本棚を作ると板を何枚も買ってきて、性格に寸法を測って固定しなければいけませんが、ディアウォールを使えばわずか1,2時間ほどで本棚が作れてしまいます。

本棚以外にも手軽にDIY!

本棚以外にもディアウォールは様々なものが作れます。
壁に穴を開けずツーバイフォー木材を固定して設置。
そこに釘を打ち込めば簡単にバッグや帽子を掛けられるスタンドになります。
2本の木材を両端として板を打ち付け、その板にフックをかければ洋服を手軽にかけておける見せる収納になります。
さらに木材に棚受けを付けて木版を乗せれば、本棚よりもさらに簡単に作れる、靴収納ケースにもなります。
アイデア次第でムゲンに収納グッズが、賃貸の部屋でも作れるディアウォール。
一度ディアウォールでセルフ収納グッズ造りをしてみたら、DIYの奥深さにのめり込んでしまうかもしれませんね。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む