宮城県に納めるふるさと納税をよりお得に活用するには?

ふるさと納税もすっかり有名になって、色々な自治体で納税をしてもらうために工夫をこらした返礼品と送ったりしていますよね。
ふるさと納税は税金を自分が応援したい自治体、今住んでいる自治体以外に納めると、最大で納税した金額から2,000円を引いたお金が帰ってきて、 さらに返礼品までもらえるという仕組みになっています。
つまりお得な時は実質2,000円でいろいろな地方の名産品がもらえるというものですが、実は2,000円以上のキャッシュバックをもらうことができる仕組みがあるのです。

楽天ふるさと納税を利用する

ふるさと納税は、例えば自分の故郷の自治体、宮城県なら仙台市や石巻市などに調節納税をすれば、 確定申告のあとに翌年所得税や住民税として納税した分からお金が返ってくるのです。
最近では色々な自治体の返礼品を掲載し、好きなものを選べるというサイトも増えてきています。
そこで注目をしたいのが、楽天が運営を行っている「楽天ふるさと納税」です。
このサイトでは、楽天市場で買い物などをした時にもらえる楽天ポイントを使ってふるさと納税ができます。
楽天ポイントをふるさと納税をすることで、現金以外を得られるというメリットが有るのです。 そして、それ以上に大きなメリットが、納税した金額に応じた楽天スーパーポイントがもらえるということです。
例えば60,000円をふるさと納税で、仙台市に納税し、返礼品をもらいます。
翌年58,000円戻ってくるだけではなく、楽天ポイントがなんと、楽天のクレジットカードを使って支払っていれば最低でも4%、つまり2,400円分ももらえるのです。
納税した金額以上にお金やポイントが貰える上に、返礼品ももちろんあるので、大変オトクになりますよね。

年収や家族構成で還付金の上限は決まる

しかし一点注意をしなければいけない点もあります。
ふるさと納税を支払ったあとに、翌年戻ってくるお金の条件金額は、その人の年収や家族構成により違ってくるのです。
また翌年戻ってくるお金も、所得税や住民税から支払われるので、前年に納税をしていない人、例えば専業主婦や学生だった人はふるさと納税をしても還付金を受 け取ることができません。
納め過ぎになってしまうと、結果的に損をしてしまうのでその点は注意をしておきましょう。


まとめ
ふるさと納税は仕組みを知って納税すれば、大変お得になりますし、ポイントバックを利用すればさらにお得になって家計を助けてくれます。
しかし、還付される金額の上限もあるので、仕組みを知ってうまく活用していきましょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む