宮城の自然を体感する「グリーンツーリズム」に挑戦しよう

グリーンツーリズム、という言葉を聞いたことはありませんか?
体験する側は農山漁村を体感するのを目的に、農山漁村側は交流を目的に活動する運動のことです。
今回はグリーンツーリズムの内容をいくつか紹介します。

さまざまな農山漁村の体験をする

宮城県は非常に自然豊かな県です。
各地に水田が広がり、畑が旬を彩り、海の幸が季節を教えてくれる所だと感じます。
そんな宮城県を肌で感じられるのが、体験事業です。
田んぼでは苗を植える体験から草取り、収穫まで色々な工程を体験できます。収穫した新米を精米して、味と香りを楽しむのも立派な農業体験です。
また畑では色とりどりの野菜を収穫する体験もできます。野菜に限らず、県南のりんごや利府町のなしなど、果物の収穫もまた楽しく体験できる収穫の一つだと言えます。
地域の特産品を知り、楽しむという体験は是非一度挑戦してみたいものです。

農家レストランで体感する

農家の方が作ってくれる季節ごとのおもてなし料理を体感するのも、グリーンツーリズムの一つです。
畑から新鮮な野菜、山の豊かなキノコや山菜、秋冬にはおいしい新米など、普通に生活しているとなかなかおろそかになりがちな旬を味わうことが出来ます。
また場所によっては宿泊もできるので、農家の生活をまるまる体験するという貴重な経験もできます。
地域ごとに楽しめる食材も違うので、ぜひ県内の色々な場所へ出向いてみてはいかがでしょうか。
ただし、各地とも早めの予約が必要なところが多いので、スケジュールには余裕をもってチェックしてみて下さい。

実は産直もグリーンツーリズム活動

最近は産直施設も増え、その土地の農産物や海産物を手軽に手に入れることが出来るようになりましたが、実は産直もグリーンツーリズムの一環なのです。
そう、農山漁村に触れることだからです。
紹介した中では一番手軽なグリーンツーリズム活動ではないでしょうか。
スーパーにはもちろん種類も産地も豊富な農産物や海産物がありますが、地域の産直に出向いてみると、大きな白菜や沢山の新鮮なネギ、緑鮮やかな小松菜や雪菜などを見ることが出来ると思います。
たまには、地域の産直で素敵な農産物、海産物に触れて旬を楽しむのもいいのではないでしょうか。


今回ご紹介したグリーンツーリズムのご相談は、自分がお住まいの地域の役所、JA、または宮城県庁にご確認ください。
時期によっては開催していないものや、申込期間に限定があるものもありますので、最新の情報を確認しながら挑戦しましょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む