宮城の玄関口、仙台空港で飛行機と食の休日を満喫

空の旅にお出かけしなくても、実は仙台空港には休日を満喫できる様々な設備があり、県内のお出かけスポットとしてお勧めの場所なのです。
仙台空港を楽しむポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

飛行機を見ながらご飯、飛行機を見ながらゆったり

3階フロアは、宮城のおいしいグルメを取りそろえたレストランやカフェが店舗を構えています。
場所によっては、飛び立つ飛行機を見ながら食事を楽しめるような席を用意している店舗もあるようです。
ご飯は仙台牛や牛タンを始め、はらこ飯、蔵王の乳製品や鶏卵、仙台長ナス漬け、笹かまぼこにずんだもちなど、宮城県を堪能できる定食やどんぶりが沢山ラインナップされています。
ご飯だけでなく、屋上展望デッキに上がって外の風を感じながら間近でジェット機を眺めるという事もできます。
空港内にも各便の出発時間が表示されているので、調べずにぶらっと来訪しても飛行機が離陸するチャンスに出会えるかもしれません。
その他にも仙台空港の歴史や飛行機が飛ぶ理論、子供も遊べるフライトシミュレーターを設置している展示室もありますので、飛行機のちょっとした豆知識を知ることが出来ると思います。

宮城の名産品が勢ぞろいのお土産コーナー

2階フロアには萩の月やずんだもち、牛タンはもちろん、本や化粧品まで幅広い品ぞろえを用意しています。
出発の前にお土産として買われていくこともありますが、空港を利用しない方でも、お盆やお正月の帰省に向けて少し早いお土産選びに来るのもいいかもしれません。
どうしても帰省時はお土産店がどこも込み合っているので、早めに買い物してしまうのもお勧めです。
ここでは仙台駅で人気のずんだシェイクも販売しておりますので、出発の前でも、到着の後でも、もちろん飛行機に乗らない日も、トレンドを楽しみに来てはいかがでしょうか。

定期的なイベントで楽しむ

仙台空港では地元の食をテーマにした「うまいもん名取」というイベントや、クリスマス期間の屋上展望デッキイルミネーション、空の日のイベント、 過去にはビアガーデンを実施してきました。
仙台空港は電車がつながっているという事で、ちょっと飲みに仙台空港へ行くというのも、ちょっと食べに行くのも、ちょっとデートするのにも便利です。様々なイベントが定期的に行われていますので、確認してお出かけしてみてください。

仙台空港へは、電車で仙台空港アクセス線に乗ると便利な2階国内線のフロアにすぐ到着できますので、たまには電車の旅を満喫してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む