仙台市のバリアフリーは充実している?市民へのアンケート結果を発表

高齢者の数がますます増えていくことを考えると、施設のおけるバリアフリーは今後さらに重要性が高まることが考えられます。
東北を代表する大都市である仙台市ですが、公共施設などにおいてバリアフリーにはどの程度対応しているのでしょうか?
仙台市民に行ったアンケートをもとにご紹介します。

仙台市民の大多数は「どちらとも言えない」と回答

「仙台市のバリアフリーは充実していますか?」の質問に対する回答結果は以下のとおりです。

どちらとも言えない:121人(75%)
充実していない:23人(14%)
充実している:17人(11%)

圧倒的に多いのは「どちらとも言えない」の回答で、バリアフリーがまったくないわけではないけれど十分でもないという感想を持っているようです。
また、その理由として「よくわからない」という声も多く見られました。
自分が高齢者でなかったり、普段から高齢者と接する機会がないと、バリアフリーに関してはあまり意識できないのかもしれません。

仙台市でバリアフリーが多いのは街中が中心

どちらとも言えないと回答した方には、「ここはOKだけれど」というニュアンスの回答も見られました。
充実していると回答した方の理由も含め、仙台市でバリアフリーが充実しているのは以下の場所と考えられます。
・仙台の街中は全体的に充実している
・仙台駅前はエレベーターなどが便利
・新しくできた施設は進んでいる
仙台駅前のコンコースなど新しく整備された場所はバリアフリーにも対応していることが多いようです。

仙台市でバリアフリーに関する不満点が多いのは地下鉄の駅など

逆に仙台市でバリアフリーが進んでいないのは、地下鉄の駅であるという回答が目立ちました。
実際に不満を抱えている方が多く、エスカレーターがない・階段が多い・車いす対応になっていないなどの否定的な感想が多く寄せられました。
地下鉄で乗り降りするのに、高齢者では危ないという意見もあります。
地下鉄は普段から多くの方が利用するため、今後迅速なバリアフリー化が期待されるところです。
また震災の影響で整備が遅れている場所も随所に見られるという意見や、歩道の幅が狭いという意見もありました。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む