仙台市民に聞いてみた!仙台に何年住んでいますか?

マンションや家を購入する場合に気になる点に、住みやすい環境であるかどうかがあります。
長い期間その地域に住み続けている人がどの程度いるのかというのは、住みやすさの判断基準のひとつであるともいえます。
そこで、仙台市民を対象に、仙台に何年住んでいるのかアンケートを行いました。
その結果をご紹介いたしますので、仙台での生活を始めようとお考えの方は参考にしてみてください。

約4人に3人が10年以上仙台に住んでいるという結果に

仙台市民161人に、仙台に何年間住んでいるかアンケートを行いました。回答は以下の通りです。
10年以上…120人(74.5%)
5~10年未満…26人(16.1%)
1~2年未満…13人(8.0%)
1年未満…2人(1.2%)

約75%の人が、10年以上仙台に住んでるという結果になりました。

仙台市の居住年数の長さは暮らしやすさにもあり

仮に住みにくい地域であった場合、ライフプランの転機で移住を考えることも少なくありません。
仙台市は、多くの人が10年以上住み続けているということからも、生活環境が整っており、不満がないことがうかがえます。
また、仙台市は宮城県、そして東北地方でも有数の都市であり、若者からの人気も高いため、今後の将来性も期待できるでしょう。
実際に、仙台中心地は開発が年々進んでいます。

仙台は首都圏からの移住先としても人気が高い

仙台市は、福岡や札幌などと並ぶ、住みやすい都市としても知られています。
企業の支社も数多くあり、ビジネスを始め都市機能も十分であることがその理由といえるでしょう。
東京からも、新幹線を使うと1時間半程度という行き来しやすい距離というのも、重要な要素です。
不動産の価格も手頃であり、首都圏からの移住を考えている人からも人気があります。
転勤などで他の都市から移住して、そのまま仙台が気に入ってしまい、住み続けているという人も多いといわれています。
仙台には、長く住み続けている人が多いことからも、暮らしやすい都市だということがわかります。
これから仙台に住みたいと考えている方にもきっと満足できる生活環境でしょう。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む