米どころ宮城の米を知ろう

宮城が米どころとして有名なのは県民の皆さんもご存知の通りだと思いますが、では宮城県で作られているお米はどんなものがあるでしょうか。
食育の観点からもぜひ知ってほしい、宮城のお米について紹介したいと思います。

宮城と言ったらひとめぼれとササニシキ

宮城といえば、作付面積ナンバーワンのひとめぼれが有名です。
少し上の世代の方はササニシキの方がイメージとしてはあるかと思います。
ササニシキは食味が良いものの、宮城県の夏が涼しくなりやすい、やませの気候では育てるのが難しい品種でもあります。
そこで体が頑丈で、収量もよいひとめぼれが誕生したのです。
その品種の特性からひとめぼれの作付は大きく増え、今はササニシキを生産している方を探すのはかなり難しい状況ですが、食味があっさりしていて良いのでぜひ一度食べてみて下さい。
もちろん、ひとめぼれも香りが高くもちもちとした食感が美味しい品種なので、ササニシキに負けずとも劣らずおいしいお米です。
この二つの品種は、宮城に住むならぜひ味わっておいてほしいところです。

ちょっと宮城ではマイナーな品種

今紹介した二大品種の他にも、生産されているものといえばコシヒカリやつや姫、まなむすめなどがあります。
コシヒカリは言わずと知れた全国的に広く作付されている有名な品種ですが、実は宮城県ではそれほど作付が多い品種ではありません。
ひとめぼれの勢力が大きいのです。
山形で有名なつや姫も、宮城県では少しですが作付されています。
山形で生産されたつや姫とはちょっと風味が違いますので、生産地での食べ比べが出来るのもおすすめです。
店頭ではめったに見かけられないので、食べられる時は是非食べてみて下さい。
各地の収穫祭や、試食のある大きなイベント、産直などで見ることが出来ると思いますので、道の駅や産直などの商品やイベントは要チェックです。

新品種、だて正夢

粒の大きさが自慢のまなむすめを配合したげんきまるという品種と、これまたまなむすめに北海道の低アミロース米を配合した粘りの良さが特徴の新品種「だて正夢」が お披露目になりました。
両親ともまなむすめが配合されているので、大きな粒の特徴を持ちつつ低アミロースで粘りの良さを補っているので、食べ応えのあるおいしさを提供してくれます。
新品種は生産が拡大されるまでお目にかかることは少ないところですが、これもイベントなどが各地で開催されていますので、試食できるタイミングがあるでしょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む