家を売るときにハウスクリーニング費用を節約するポイントとは

家を売る時には、内覧に来てくれた人が魅力的に感じられるように家の中をきれいにしなければいけません。
そのためには多額の費用をかけたハウスクリーニングが必要です。
確かにハウスクリーニングを行えば家は売れやすくなりますが、残念ながら掛けた分の費用が売却価格に反映されるわけではないのです。
そのため、できるだけハウスクリーニングにかけるお金もできるだけ節約したいものです。ではどうすればハウスクリーニングの費用を節約できるでしょうか。

自分では掃除がしにくい場所をハウスクリーニングで掃除してもらう

まず家全体を全部ハウスクリーニングしてもらうことをやめましょう。
ハウスクリーニングでも家全体をまとめて行ってもらうものと、キッチンや浴室など特定の部屋や部分だけクリーニングしてもらうサービスに分かれていることが多いです。
特にハウスクリーニングで需要が高いのは、しつこい汚れや不快な汚れがたまりやすい水回り、そして油汚れが溜まる場所です。
そういった場所は専門の洗剤や器具を使って掃除するハウスクリーニング業者に任せるのが一番効率的であり、自分たちで掃除するよりも遥かに綺麗になります。
一方リビングや個人の部屋などは普通の掃除用品でも十分綺麗になり、あまりハウスクリーニング業者に任せる意味がないポイントと言えます。
つまり掃除しづらい場所だけ専門の業者に任せ、掃除しやすい場所は自分たちで掃除することで費用を抑えるのです。

年末や年度末の繁忙期を避ける

また引っ越しと同じようにハウスクリーニングも季節によって依頼費用が上下します。
ハウスクリーニング業者に頼む時の費用が最も高くなるのは年末、そして年度末の3月です。
年末は大掃除シーズンということでハウスクリーニング業者の需要が高まりますし、3月も引っ越しシーズンなので不動産関係からの依頼が多くなります。
そういった繁忙期を避ければ2~3割程度ハウスクリーニング費用を安くできるでしょう。

家の中のものは基本的に捨てる

そしてハウスクリーニングをする前には、極力家の中のいらないものを捨ててしまいましょう。
ハウスクリーニングを行う目的はそもそも内覧に来た時に、家の印象をよく見せるためです。
ハウスクリーニングを行っても、物が多くて家の中がごみごみしていては、家の中を魅力的に見せるのは難しいです。
逆に物がない状態があれば、それほど掃除をしてなくても家の中が広くスッキリした状態に見えて購入意欲が掻き立てられるのです。
まずは新居に必要なもの以外は全部捨ててしまうぐらいの勢いで、家の中をスリムにすることから始めてみましょう。

家から近い業者に頼む

ハウスクリーニング業者の依頼費用の内訳としては、作業費そして出張費、機材費に分けられます。
作業費や機材費は家から遠い業者でも近い業者でも変わりませんが、出張費は家から近い業者の方が安くなりやすいです。
わざわざ遠距離にある業者に頼むと、どうしても移動時間がかかるためにその時間の拘束費用が発生して出張費が上乗せされてしまいます。
家から遠い業者に頼むよりも、近い業者に頼んだ方がハウスクリーニング費用は安くできるでしょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む