仙台近辺で家探しをしている方へ!不動産購入は生命保険代わりにもなります

家族を持つと、一家の大黒柱として働いている方は生命保険に入ることが多いのではないでしょうか。
もし自分が不慮の事故で亡くなる、もしくは働けなくなった時に、残された家族はどうなるのか、そうなると生命保険が絶対に必要だと思うでしょう。
ただし生命保険にも色々な種類のものがあり、保険内容が手厚いものに入れば入るほど、当然ながら毎月の負担も大きくなります。
しかし実は生命保険に入らずとも住宅ローンを組んで不動産を購入すれば、住宅ローンが生命保険代わりになってくれるのです。

団体信用生命保険とは

不動産を購入するときに、ほとんどの方が住宅ローンを利用して家を購入するでしょう。
融資を受ける住宅ローンの金額は、購入する不動産によって変わってきますが、少なくとも1000万円台、多ければ4000万円、5000万円台というもいるでしょう。
大抵の金融機関では住宅ローンの融資をする時に、債務者が亡くなったもしくは働けなくなった時などに備えて団体信用生命保険という生命保険を同時加入としています。
団体信用生命保険に加入することが義務となっている住宅ローンを借りれば、もし自分が住宅ローンの返済中に亡くなったとしても、残された家族に住宅ローンの返済義務は残りません。
借金がなくなり、家がそのまま自分たちのものになるのです。

どれぐらいの金額のメリットがあるのか

では団体信用生命保険に加入していえると、金額的にはどれほどのメリットがあるのでしょう。
それはそのまま残された金額の返済の義務が消えるので、住宅ローンの残債が3,000万円残っていれば、3,000万円の生命保険に加入しているのと同じです。
そして毎月の住宅ローン返済額として10万円ずつ返していれば、毎月の筧から10万円の負担がそのままなくなると考えても良いのです。
つまり住宅ローンの残高=その時点での生命保険の金額と考えれば良いでしょう。
もし現在2,000万円の生命保険に入っていた場合、家を購入していなければ一家の大黒柱が亡くなった時にも2,000万円しか入ってきません。
しかし団体生命信用保険付きの住宅ローンの融資を受けていれば、3,000万円の融資を受けた時点で3,000万円の生命保険に入ったのと同等の保障を受ける権利が得られるのです。
また保険は掛け捨ての場合は、保険を受け取らない限りは完全に無駄な出費になりますが、住宅ローンならばローンを完済できれば、それはそれで家という財産が得られる為、毎月の出費も無駄になりません。

団体信用生命保険がセットでない住宅ローンには注意

一方で全ての住宅ローンで団体信用生命保険がセットではありません。
例えば35年間固定金利で有名な、フラット35は団体信用生命保険に入らずとも融資を受けられます。
これは金利や手数料を抑える意味でメリットはあるのですが、団体信用生命保険が必要な場合は別途加入しなければいけないので、ローン筧の諸経費が増えるデメリットもあります。

しかし、どんなに健康に自信があっても事故のリスクは避けられませんし、病気になる可能性も0とは言えません。
どんな生命保険に入っていいか悩むのでしたら、むしろ住宅ローンの融資を受けて団体信用生命保険に入ってしまえば、無駄な出費を抑えられるのではないでしょうか。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む