仙台市民に聞いてみた! 何人家族で住んでいますか?

民間調査会社による【都道府県魅力度ランキング】(2017年)で、東北6県の1位に輝いた宮城県。
県内でも仙台市は、気候や自然に恵まれ、首都圏と比較して物価も安く、学術施設やその他インフラも整備された暮らしやすさで、人気の都市です。
住みやすい仙台市には、どのような世帯構成が多いのでしょうか?
「何人家族で住んでいるか?」というアンケート結果をもとに、仙台市の暮らしについてご紹介します。

仙台で生活している人に聞く! 一緒に暮らしているのは何人?

今回は、戸建てやマンションなどの住居タイプに関係なく、仙台の賃貸住宅にお住まいの方を対象に、次のようなアンケートを実施しました。

【質問】
何人で暮らしていますか?

【回答】
1人 32世帯(約19%)
2人 55世帯(約32%)
3人 37世帯(約22%)
4人 24世帯(約14%)
5人以上 22世帯(約13%)

【結果】
アンケート結果を見ると、2人世帯が約3割ともっとも高いことが分かりました。
また、ファミリーと思われる3人以上の世帯が全体の約半数を占め、1人世帯も約2割あります。
総じて、仙台市民は単身者・カップルなどの2人世帯・ファミリー世帯が、バランスよく存在しているようです。

仙台市の家賃は東京の相場の半分以下!

2016年の公益社団法人全国区宅地建物取引業協会の調査によると、仙台市の平均家賃相場は、東京23区平均と比較して半分以下であることが分かりました。

【対象】
駅徒歩10分以内の賃貸物件(アパート・マンション・一軒家)

【仙台市平均家賃相場】()内は東京23区比
1LDK・2K・2DK 5.53万円(約47%)
2LDK・3K・3DK 6.98万円(約39%)
3LDK・4K・4DK 9.09万円(約35%)

【結果】
調査結果によると、仙台市で3LDK・4K・4DKの物件を借りる場合、東京の1LDK・2K・2DKの家賃でおつりが来ることになるので、驚く方も多いかもしれません。

総じて、間取りが広くなるほど、東京と比較したときの家賃が下がる傾向。
仙台市に引っ越される方は、首都圏よりも条件がよい物件など、選択肢の幅も広がりそうです。

仙台市が単身者にもファミリーにも人気の理由

民間の調査会社によるアンケートで、仙台市民から聞かれた魅力をご紹介します。

【住まい】
・家賃が安く、治安や気候も良い。
・住宅街から中心街まで30分圏内で、通勤が楽。

【観光】
・子育て世代にうれしい、自然や史跡、動物園や水族館もある。

【スポーツ】
・野球、サッカー、フィギュアスケート、女子プロレス、バスケットボールなどプロチームが多く、応援も盛ん。

【教育】
・学校は教師と保護者の連携が密で、習い事も選択肢が多い。

【文化】
・伝統的な七夕まつりやジャズフェスティバルなど、楽しいイベントが多い。

総じて、仙台市は地域密着型や市民参加型の傾向が強く、住んだ人の愛着がわきやすい都市のようです。

暮らしやすさから、幅広い世帯に人気の宮城県仙台市。
観光・スポーツ・教育・文化振興などにも、さらに力を入れつつある都市です。
首都圏と比較して、家賃が半分以下なのもうれしいポイント。
仕事にもレジャーにも魅力がいっぱいなので、充実した生活を送れることでしょう。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む