仙台の2大祭り!七夕まつりとすずめ踊り

「夏」と言えば「お祭り」!
そして「仙台のお祭り」と言えば「仙台七夕祭り」!!・・・ですが。
その前に忘れちゃならない「お祭り」がもう一つありますよね。
その「お祭り」とは「仙台すずめ踊り」です。

「仙台すずめ踊り」とは

毎年7月下旬に開催される「お祭り」です。2013年に第一回が開催されて以降、仙台が誇る夏の風物詩として市民に愛されています。
慶長8年(西暦1603年)。仙台城の移転式にて石垣造りの職人さんが、独眼竜「伊達政宗公」の御前で踊った事が由来・・・と言われていますが、それを実証する資料などが全く残っていないことから、この由来は作り話ではないかとも考えられています。
「すずめ踊り」当日は、仙台駅東口から一直線に延びている宮城野通りが会場となり、踊り手さん達が自慢の踊りを披露します。
その数なんと約2000人!!約2000人が連なって踊る景色はまさに壮観の一言です。
この日の為に中央分離帯を取り外し、文字通り「大通り」となった「宮城野大通り」の「特設会場(約200m)」を所せましと踊り手さんが踊る「大流し」。
次から次へとやってくる踊り手さん達に心をわしづかみされること請け合いです。

すずめ踊りの見どころ「ステージでの演舞」

特設会場に設営されたステージで踊り手さん達が演舞で競い合います。
団体ごとの個性が溢れる演舞は必見です。
また、「大流れ」とは違って、その場で最初から最後まで演舞を見る事が出来ますから細かい部分まで楽しむ事ができます。

ラストは観客含めた全員総出で踊りまShow time!

「お祭り」のフィナーレでは踊り手さんも観客の皆さんも全員一緒に総出で総踊り!
踊りがわからない方も、恥ずかしくて踊れない方も安心してください。気づいた時には心も体も楽しく踊っているはずです。
そんな心も体も勝手に踊りだしちゃうほどに楽しい「仙台すずめ踊り」。毎年多くの仙台市民、宮城県民、そして周辺の県からも多くの人が訪れます。
仙台が誇る夏の祭典「すずめ踊り」。ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む