自宅のセキュリティ考えていますか? 近年の防犯カメラ事情

不審者や空き巣などからの被害を守るために防犯カメラが有効という意識が高まる中、機能の向上、価格の低下などの理由から防犯カメラを取り付けたいと 思う人が増えているといいます。
今回は近年の防犯カメラの種類や特徴をご紹介します。

防犯カメラとネットワークカメラ

従来の防犯カメラに加え最近では「ネットワークカメラ」も増えてきました。
従来の防犯カメラと違いネットワークカメラの一番の特徴はやはりインターネット回線とつないで外出先からもリアルタイムで監視できることです。
最近ではスマホと連動させ手軽に利用できるものもあります。
カメラの向きを操作することができたり、防犯カメラを通して遠いところから会話ができるものもあり、空き巣対策だけでなく、子どもや高齢者の見守りに使われる側面もあります。
従来の防犯カメラの種類は、無線・有線、屋内・屋外設置の違いなどがあります。
録画機能がないものもあるので、録画が必要な場合は別途HDDなどを購入して接続しなければならないため購入する前によく調べましょう。


取り付ける際、多くは、壁に穴をあけて設置工事が必要なため、穴をあけて良いかどうかの確認が必要になります。
壁に穴を開けるのが難しい場合は、無線で電波を飛ばすタイプが良いでしょう。
ただし、電波が届く距離には制限があるので最初に確認しておく必要があります。
また、撮影性能は、どうしても有線の方が無線よりくっきり映ります。

防犯カメラの効果

設置されているだけで、「見られている」という意識が生まれるので、いたずらや犯罪の抑制に役立ちます。
実際にカメラを設置してから、ルールを守らない人や、不審行為が減ったという事例も多くある上、万が一何かあった時には犯人の特定にも効果的です。
設置する際は、目的によって機種や機能を選びましょう。暗闇でもはっきり映したいのであれば赤外線機能があるものが便利です。
どもや高齢者、あるいはペットの見守りに使いたいのであれば、遠隔操作ができるものやマイク内蔵のタイプが便利でしょう。
様々なタイプの防犯カメラがありますが、それぞれの特徴を研究して購入するようにしましょう。
また、見た目が本物そっくりのダミーカメラもあります。
近年は、ランプ点灯するなど、にせものとはわからないものもありますので、利用してみても良いでしょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む