不動産投資もクラウドファンディングで行う時代?仙台の物件にも注目

多くの人から少額ずつ資金を集めて事業の運用を行うクラウドファンディング。
最近では誰でもできる投資手法の一つとして知られてきており、少額、低リスクで様々な事業に投資してリターンを受け取ることができます。
最近ではクラウドファンディングのシステムを利用した不動産投資ができるサイトも登場してきています。
では具体的にクラウドファンディングでの不動産投資とは一体どのような流れになっており、どのような特徴を持っているのでしょうか。

不動産投資をクラウドファンディングで行うメリット

不動産投資をクラウドファンディングで行う流れは、業者が1億円の物件を建てるために、その費用を捻出するため、100万円を100人から集めるような仕組みが主流です。
業者は投資家から集めたお金を元に不動産物件を建て、その物件を運営し家賃収入などを投資家に対して分配しているのです。
自己資金がない、あまり高額なローンの融資を受けたくないという方でも、手持ちの資金で不動産投資を始めることができます。
また物件の運用は不動産物件運営のプロが行うため、個人で不動産物件を行うよりも手堅く集客することができますし、自分で物件管理や運営を行う手間もかかりません。
クラウドファンディングは手軽に不動産投資を始められるというメリットがあるのです。

不動産投資型クラウドファンディングのリスク

一方でこういった不動産投資型クラウドファンディングにもリスクがないわけではありません。また一般的な不動産投資のリスクとして空室リスクがあります。
人が集まる立地を選ばないと需要は見込めないですし、物件の種類や立地、その他の条件によるリスクが存在します。
ただクラウドファンディング不動産投資の場合、自分で物件運営を行うわけではないので、運営管理に関するリスクは比較的低いです。
そして良くも悪くも業者に運営物件の選定まで全て任せることになるので、運営に関して自分の意思を介在させることができません。
利回りが低いので、ここを改善するべきではないかなどの集客対策を行えないのは不動産投資経験があるした人にとってはもどかしく感じる点とも言えます。
また業者によっては物件案件の運用中の解約や返金が不可能なこともあります。
一度投資してしまうと資金が長期間拘束されてしまうこともあるのです。

仙台の物件も登場している?

日本にはこういった不動産投資型クラウドファンディングを行う業者はすでに数社登場してきています。
仙台の物件があるのかと言うと、残念ながらまだ仙台の物件を扱う業者は目立って見つかりません。これからの登場が待ち望まれるところです。
基本的には東京、名古屋、大阪などのいわゆる三大都市圏が中心となります。
しかし、もちろん福岡や仙台といった地方都市も現在人口の流入が進んでおり、人口が増加しています。
今後仙台の物件が投資対象として登場する可能性も大いにありますので、クラウドファンディング型不動産投資に興味がある方は今から注目をしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む