ベニーランドのすぐ目の前!セルコホームズーパラダイス八木山に行ってみよう!

セルコホームズーパラダイス八木山は、仙台市民なら一度は遊びに行ったことがあるであろう、ベニーランドの目の前にある動物園です。
東北最大級の動物園で、県外からも多くの人が訪れています。園内施設は子供連れのファミリーでも快適に利用できるように、授乳施設やトイレが完備されています。
リニューアル工事を繰り返しているので施設が綺麗なのも人気の理由です。
そこで今回は、「セルコホームズーパラダイス八木山」について詳しく説明します。

セルコホームズーパラダイス八木山(仙台市八木山動物公園)とは?

セルコホームズーパラダイス八木山は、ベニーランドのすぐ目の前にある動物園です。
仙台市民とってベニーランドは親しみのあるテーマパークですよね。小さい頃に遊びに行って思い出がある人も多いでしょう。 しかしセルコホームズーパラダイス八木山も、そのベニーランドに負けていません。
子供に大人気のライオンはもちろんのこと、ヒガシクロサイ、カバ、アミメキリン、アフリカゾウ、グラントシマウマといったアフリカを代表する動物もいます。
他にもカンガルーやワオキツネザル、レッサーパンダ、ホッキョクグマなど初めて目にする動物も沢山出迎えてくれます。中々普通の動物園では見ることができない、珍しい動物も多く飼育されています。
この園には駐車場も完備されていますが、2015年12月に開業した仙台市地下鉄東西線の八木山動物公園駅の利用がおすすめです。
駅からわずか徒歩2分で到着するので、夏休み期間中など混雑しやすい時期は車よりもスムーズにアクセスが可能です。

ここをチェック!セルコホームズーパラダイス八木山の魅力

近年は来場者が減っているとされる動物園ですが、セルコホームズーパラダイス八木山はその限りではありません。
2017年の7月には、新施設の「ふれあいの丘」がオープンし、週末限定だった動物とのふれあい体験を毎日開催できるようになりました。ウサギやモルモット、ヤギと直接ふれあえます。
他にもフリーフライトで鳥の飛翔を間近で観察できます。
お子さんと一緒に、ぜひ動物たちとのふれあいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

自分の手でえさやり体験!

セルコホームズーパラダイス八木山では、1回100円でえさやり体験を行っています。
季節に関係なく年間を通じてニホンザル、アフリカゾウ、ヤギ・ヒツジ、ウサギ、カバにおやつをあげることができます。
とっても貴重な体験なので、お子様も大喜びで大好評のようです。

セルコホームズーパラダイス八木山は授乳室やトイレも各所に配備されて子供連れに親切な設計となっています。
ぜひ遊びに行ってみて下さいね。

【セルコホームズーパラダイス八木山(仙台市八木山動物公園)概要】
所在地:〒982-0801 宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
TEL:022-229-0122
定休日:日曜日
開園時間:9:00~16:45
入園料:一般480円 小・中学生120円 未就学児無料
駐車料金:普通車 最初の30分まで無料。以降30分毎100円(上限500円)

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む